高校受験に成功する家庭教師の比較ランキング

高校受験に成功する家庭教師の比較ランキング

高校受験とスマホ

 

今や中学生だとしても自分用のスマホを持っているという子も少なくありません。ある調査では4割程度の子が持っているという話もあります。しかし、よく考えてほしいのはその使い方です。持っていることが悪いのではなく、その使い方まで野放しになっていると、課金などのトラブルが発生しないにしても多くの時間を奪われることになります。

 

中学生は心身の発達も目覚しく、また思考能力も格段に向上します。その大事な時期にスマホを楽しみ夜更かしをしてしまい、日中の学業などの活動に支障が出てしまうと、成長に大きな障害となってしまうのです。実際、受験業界ではスマホは最大の敵とされています。文部科学省の調査でも、スマホを長く利用している子ほど学力が低くなる傾向があるそうです。長時間勉強していても、スマホの使用時間が長いと点数の低下が見られるそうです。

 

その他にも視力や集中力の低下も問題になっています。小さい画面を見つめ続けるスマホだと視力が悪くなりますし、スマホのコンテンツは長時間向けに作られていないため、物事に集中出来る時間が短くなってしまうのです。また子供によっては数学などの計算のためにスマホを利用する子もいるそうです。

 

ですからしっかり利用ルールは家庭で定めて徹底させる必要があります。人生の中でも大事な時期のひとつを、スマホで浪費することがないようにしないといけません。理想としては子供の方から「勉強するからスマホ預かってて」と言うくらいに、子供の方にも意識を持たせられたらいいですね。スマホが必ずしも悪ではありませんが受験勉強には害ですので、できるだけ依存しないように注意して管理しましょう。

 

高校受験に必要な費用

 

よく大学に入るまでのトータルの費用が話題にあがりますが、高校に入るまでだとしても結構な額の費用がかかるものです。特にしっかり学習塾や家庭教師などを利用して、中学1年生から受験を意識して勉強をさせるのであれば、3年間で180万円前後の費用がかかると言われています。もしも中学3年での夏期講習から塾に通うとしても、いろんな費用を含めると100万円を越えるケースも少なくないそうです。夏季・冬季講習や授業数の増加、それに伴うテキストの増加、合宿や模試などいろんなイベントが急激に増えるためです。

 

それだけではなく受験費用もかかってきます。公立校であれば、おおよそ2,000〜3,000円が受験費用(入学考査料)の相場になりますが、私立校であればそれだけでも2万円前後の学校が多くなります。そのうえで合格した場合だとしても入学金の納入が必要になりますし、私立校においてはその他の費用(寄付や振興費などの名目)が必要となることも多いです。国立校だと公立と私立の中間あたりとイメージすると良いでしょう。

 

もちろん塾などに通わなければずっと費用を抑えることが出来ますが、望まない私立校に入ることになった場合にはそれによって多くの支出が出ることになります。ですから出来るだけ希望する学校に行けるように、学習する環境のためにはしっかり予算を確保しておく方が後々トータルのコストは下がることが多いです。お金の問題は重要な問題ですから、数年先を見越して準備しておきましょう。

 

高校受験は範囲が広い

 

高校受験の試験というのは、基本的に国数英社理の5教科を全部試験されることになります。これは中学校1年生からよほどしっかり勉強してきた子でなければ非常に広く困った試験範囲と言うことが出来るでしょう。ひとつひとつは難しいことではありませんが、範囲が広ければそれだけ見落としや不正確な内容も増えていきますから、出来るだけ満遍なく基礎から勉強することが大切です。

 

高校受験はもともとの学力にもよりますが、時間との戦いになることが多いです。時間を効率的に使ううえでは準備をすることが欠かせません。いきなり教科書や参考書から入らず入念に準備を行ないましょう。準備というのは「己を知り、敵を知る」ことです。つまり、自分の成績・実力と志望校の傾向や合格ラインをちゃんと知ることです。これを知るためには、受験の模擬試験集や過去問を一度やってみるとよいでしょう。その中で自分がどの程度、何が分かって何が分からないのか見えるはずです。

 

そして合格ラインについてはいろんな所に情報がありますから聞いてみると良いでしょう。学校の先生などは普段どのくらいの成績の生徒がその学校に合格したのかということをよくご存知ですから尋ねてみるのもひとつの方法です。

 

教科別に勉強の方法が違ってきますが、出来る限り国語や数学や英語のような基礎がないと分からないものと理科社会のような暗記科目は勉強法を分けるべきです。学校や塾の先生とよく相談して効率の良い勉強をしましょう。

 

受験と反抗期

 

高校への受験を考えている時期というのは、子供が反抗期になっていることも多い時期でもあります。ですからこの時にうまくコミュニケーションが出来ないと、大事な受験の準備がうまく進まないということもあると思います。

 

反抗期というのは、健全に成長して親離れをしていく過程でもあり喜ばしい面もありますが、タイミングというものがありますから何とかしたいもの。しかし子供が自らコントロールして反抗期を迎えているわけではないので難しいものなのです。こういう時は親の接し方が大事です。子供に反抗されても投げやりになったり、怒り返したり、ギクシャクしたりしないように頑張ってください。

 

良くない反応に無理矢理何とかしようとするという人がいますが、これは関係をこじらせるだけです。正しいから言うことを聞く、というものではないのです。自分に考えさせてほしいという気持ちの表れですから、命令ではなくアドバイスという気持ちですべては言い聞かせ、また自分が話すよりも子供が考えていることを聞くように気をつけましょう

 

進路についてもそうです。親の意にそぐわない決定や選択の仕方をすることも少なくありません。しかしだからと言ってすぐに否定するのではなく、可能性を広げるために勉強をしっかり行っておくことや、継続的に話す機会を作るように促しましょう。これも押し付けでなく、そういう準備が出来ていることを示すことが大切です。受験を前にすると不安も出てきますから、相談を求められる機会も出来るはずです。そういった場合に子供の方からも安心して歩みよれる状態を作っておきましょう。

 

受験勉強とストレス

 

受験勉強を頑張っているのに成績が上がらないという場合、ストレスが原因になっていることもあります。中学3年生ならそれほどストレスに強いことはありません。誰もが通る道ですがだからと言って周囲がそれをただ見ているのはよくありません。誰もが通る道はサポート次第で楽に行くことも早く抜けることも出来るのです。

 

まずストレスを感じている場合、一生懸命頑張っている証拠だということが分かります。たとえ勉強はそれほどしていないにしても、意識はしている状態です。ですからまずはその苦労を受け入れ、ねぎらってあげましょう。「そのくらいで何を言ってるんだ」という態度にならないように注意してください。

 

自然な形でストレスを解消させてあげることが一番よいサポートです。たとえば楽しいおしゃべりが出来ると最高です。それだけでも気が楽になりますし、気分転換もしやすくなります。家庭内の雰囲気が良くなるように大人が積極的に働きかけましょう。おいしい食事もストレス解消には有効です。特に頑張って勉強した後には美味しい夜食やおやつがあると、ストレス解消やモチベーションにもなりますね。

 

勉強のためという理由で遊びやスポーツ、ゲーム、音楽などを禁止するのはあまりよくありません。オンとオフが出来るように節度を持つようにさせてあげましょう。うまく使えばストレス解消の大きな武器になります。ただ寝不足には注意が必要です。何を隠そう、最大のストレスの原因になりやすいのはこの寝不足です。変な夜更かしをしないように、規則正しい生活ができるように配慮してあげましょう。

 

プログラミングと英語力

 

日本の義務教育にもプログラミングの授業が導入されるようになってきていて、いかにプログラミングの知識が重要になりつつあるのかがうかがえます。しかしながら、プログラミングの能力を客観的に測るのは難しいです。いろんな要素が関わりあっているので、ある仕事には強くてもある仕事には弱いということが生じるのが普通です。

 

プログラミングの世界では英語力も重要と言われるのですが、これはいったいどうしてでしょうか。プログラミング言語だけではダメなのでしょうか。プログラミング言語というのは、基本的に英語ベースになっています。これはどこで作られたかということも関係しますし、コンピュータのキーボードがそもそも英語を中心に処理するようになっていて、それが最も効率的だからです。

 

また、言語の命令文も、基本的には英語をベースにしていますから、単語の意味がわかるだけでも命令文の意味を理解しやすくなります。そして、プログラミングに関するコミュニティの多くはインターネット上でグローバルなコミュニティになっています。そのため、多くのやり取りは英語で行われていて、進んでいる情報を得るためには英語が理解できないといけないのです。

 

また、IT業界は機器が海外製ということも少なくないので、マニュアルも英語という場合が多いです。ですから、英語ができるにこしたことはないのですね。ただ、必ずしもプログラミングの能力が英語力と比例するわけではないので、あくまでプログラマーの能力のひとつとして考えてください。

 

英会話を上達を狙うなら 英会話のおすすめは通い放題か否か

更新履歴